理学療法士Y成長日記!

北海道在住の理学療法士Yです。人生、仕事、読書など日々考えたことを書いています。

臨床研究って何?初めての挑戦!!

f:id:pt_y:20170528150111j:plain

どうも、お久しぶりです。理学療法士Yです。

ブログの更新が滞ってしまいました。言い訳する訳じゃないんですが、当院のリハビリ科で新しい挑戦が始まったので、そっちに時間を割いていました。

えっ?言い訳してるじゃないかって?えぇ、その通り。完全にブログ更新をさぼっていた言い訳です。笑

言い訳はさておき、当院の新しい挑戦というのは、臨床研究をやってみよう!ということになったのです!

具体的な研究内容を書く訳にもいかないですし、臨床研究の意義とかを語るほどの知識もないので、やってみた・やっている感想を中心に書いてみようと思います。

臨床研究をやる前に思っていたこと

働き始めて数年経ちますが、「研究」って言葉を聞いただけで「何か難しそう」「統計とかやるんでしょ?」とか、「卒論大変だったし」とか思っていました。

研究というものは大学院に進んで、修士号を取るため、博士号を取るためにやることだと思っていました。そして、大学院に進学した人の中でも研究で食べていくんだ!と決めた人がやるイメージがありました。

完全な私的なイメージですが、研究者の方は研究で一発当てて、偉くなってガッポリ稼ぎたい!みたいな上昇志向の強い方のイメージでした。

私の周りの大学院に進んだ友達も上昇志向の強い人が多かったからこんなイメージがあるのかな?

何で臨床研究をやることになったのか

f:id:pt_y:20170528141734j:plain

何で当院でもいきなり研究をやることになったのかというと、医者の先生がリハビリ科のスタッフに研究やろうぜ!!みたいな感じで誘ってくれたのがキッカケでした。卒論以来研究なんてやったこともないし、全くやり方も分からないし、日々の業務以外に忙しくなるのは目に見えてたしやろうかどうしようか悩みました。

でも、先生が誘ってくれる機会なんて貴重だし、ここでやらなかったら研究はきっとやらずに人生を終えてしまう!と思ったのでとにかくやってみることにしました。

今後、どこかのタイミングで研究をやりたい!と思った時に0の状態からスタートするよりも、先生に指導してもらいながら取り組めば良い経験になるだろうとずる賢い考えで始めてみることにしました。

やってみての感想

んー!正直、よく分からん!!

ただ、今回初めて研究をやるわけだし、先生に言われたことは何でもいいから従ってやってみよう!と自分の中で決めていました。

先生に言われたことを調べます!!書きます!!やります!!みたいな感じでとにかく動くようにしました。先生に言われてやっている状態なので、何が正しくて間違っているかもよく分からないけどやってみました。

大学院に進学した友達にも色々聞きながら教えてもらい、助けてもらいました。親身になって教えてくれたおかげで恐怖の対象でしかなかった統計にも触れる機会になりました。その友達とまさか研究について話す日が来るとは思わなかったですね。

そして、ある学会発表での発表を目標にしました。先生に何回も手直しをしていただいたおかげもあり、演題申し込み締め切りまでに抄録を完成させて提出することができました。まだ発表することになるかどうか分かりませんが、とりあえず安心です。

 

でも、実は先生には私では思いも着かない計画がありました。日本の学会だけじゃなくて世界学会にも提出してみようということになったのです!何が何だか分からないうちに英語で抄録まで書いて世界学会に演題提出まですることになりました。まさか、自分が世界学会に申し込む日がくるなんて一生あると思わなかったのでビックリです。先生も「まぁ、提出してみないことには当たらないから宝くじ感覚でやってみよう。」みたいな感じだったのでとりあえず提出してみる感じなのかな?

でもすごくないですか?全く研究なんて知らなかった自分が先生に言われるがままとはいえ、英語で文章を書いたんですよ!?数ヶ月前まではこんなことになるとは思ってもいませんでした。

今後もやる?

f:id:pt_y:20170528150439j:plain

今回やってみて研究超面白い!!とはなりませんでした。でも、今までやったことがなかったことにチャレンジするのは自分の成長につながっている気がして楽しかったですね。先生がリハビリ科にこの話を持ってきてくれない限りこんなことにはならなかったと思います。感謝です。

今後、やってみたいかというとやってみたいです!!

今回は先生にテーマ決めから添削までやっていただき、正直、自分の力でやった感じがあまりしません。次やる時は先生にも友達にも頼りながら自分でテーマ決めからやれるといいな〜なんて思ってはいますが、どうなることやらって感じです。まだ発表はしてないので、発表を経験したら絶対やりたくなくなるかもしれません。

 

とにかく、今回は新しい自分の挑戦として良い機会を得たと思っています。理学療法士で研究は自分と関係ないって思っている方もチャンスがあればやってみるといいと思います。

もし、演題が通った場合は発表準備が始まります。それも絶対大変だし、準備しなきゃならないことも沢山あると思いますが頑張っていこうと思います!!

広告を非表示にする