読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

理学療法士Y成長日記!

北海道在住の理学療法士Yです。人生、仕事、読書など日々考えたことを書いています。

【2017年】第52回理学療法士国家試験の合格率と過去の合格率推移

f:id:pt_y:20170330222241j:plain

第52回理学療法士国家試験受験生の皆さん、試験お疲れさまでした!

3月29日は皆さんの今後の運命をうらなう国家試験の合格発表日でしたね!

今年の合格率はどうだったのでしょうか?気になる合格率は・・・

第52回理学療法士国家試験合格率

出願者数:14,370人 (11,300人)

受験者数:13,719人 (10,721人)

合格者数:12,388人 (10,319人)

合格率:90.3% (96.3%)!!

*( )内は新卒者数

*数値は厚生労働省HPより引用

第52回理学療法士国家試験及び第52回作業療法士国家試験の合格発表について|厚生労働省

過去の合格率の推移

今年の合格率は過去の理学療法士国家試験と比べてどうだったのでしょうか?過去10年間の理学療法士国家試験の受験者数、合格者数、合格率の推移をまとめてみましたのでグラフを見てみましょう!

f:id:pt_y:20170330210805j:plain

*数値は厚生労働省HPより引用

こうやってみて見ると、過去10年では去年の第51回と平成23年の第46回が飛び抜けて合格率が低いように感じます。ちなみに、私は合格率の低かった第46回受験者です。今でも忘れられないのが試験を受けながら「こりゃ落ちるかもしれんな〜」と思ったのを覚えています。そして、午前中・午後の試験両方で気持ちを落ち着かせるためにトイレブレイクを挟みました。笑

あの広い会場で午前も午後も試験中にトイレに行ったのは私だけではないでしょうか。

今年の合格率と過去の推移から感じること

今年の受験者数は過去最多だったみたいですね。とうとう13,000人の大台に乗りました。最近の動向として、大学や専門学校の養成校が増加しており、それに伴って受験者数も増加していると考えられます。

そして、合格者数も過去最多です。12,000人越え。合格率も90%越えと、ここ数年では高い合格率となっています。昨年が合格率74%と下げすぎたので今年はその反動で簡単だったのかもしれません。

この数字をみて感じるのは、ヤバい。理学療法士増え過ぎ。いつもブログで「理学療法士最高!みんなどんどん目指してね!!」なんて書いてますが、いざこうして毎年受験者数や合格者数が増えていくのを見ていると、自分の職域が徐々に侵されていくような感覚になっていくのはなぜでしょう。

自分がしっかり仕事をして、患者さんのためにできることをやるというスタンスは変わらないのになぜか毎年10,000人以上理学療法士が増えたと思うと焦ってしまいます。

去年、国家試験の合格率をまとめた記事でも書いたような気がしますが、今後理学療法士として生き残っていくには専門性が求められる時代になると思います。自分にとっての専門性を突き詰めていき、理学療法士としてオンリーワンの存在になることを目指していきたいです。

毎年、合格者数や合格率を調べていますが、もっとがむしゃらに仕事に取り組まねばならん!!と、気を引き締めるいい機会になりますね。

最後は自分の感想や気持ちのまとめになってしまいましたが、受験生の皆さんお疲れさまでした。合格発表が終わって束の間ではありますがしっかり4月からの仕事に備えてくださいね。

もし、入社を直前に控えて不安でどうにもならない!!という方はこの記事も是非読んでみてください!!

pt-y.hatenablog.com

広告を非表示にする