読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

理学療法士Y成長日記!

北海道在住の理学療法士Yです。人生、仕事、読書など日々考えたことを書いています。

理学療法士を目指したキッカケと実際になってみて

今日は私が理学療法士を目指したキッカケと実際に就職してみて感じている理学療法士という職業に関して書いていこうと思います。 

理学療法士を夢見て勉強を頑張っている中高校生達の何か助けになればいいなと思います。

私が理学療法士を目指し始めたのは高校3年生の時でした。一応、進学校に在学していたため、ほぼ100%の生徒が大学進学を目指します。

サッカー部を引退し、いざ受験勉強をしなくてはならないとなった時に、「ん〜将来何になりたいかな?」とぼやっとですが考え始めました。

 

小さい頃からの将来の夢は「学校の先生」になることでした。

なぜ、学校の先生になりたかったのかというと、小学生の頃の担任の先生の授業が面白く、勉強を好きになることが出来ました。

そして、自分も先生になって小さな子供達に勉強の面白さを伝えたい!と思っていたことと、小さい子供達と関わって毎日過ごせるのは楽しそう!と思っていたためでした。

 

そのため、受験開始当初は教育大にいって先生になろうかなー?なんて思っていました。

しかし、当時テレビやネットなどで「少子高齢化」というワードが頻繁に聞こえてきました。

「子供が減って先生は溢れそうだな・・・。高齢化ってことはお年寄りは増えるってことだな。安定を考えると医療職だな。そういえば、理学療法士って仕事もあったな。調べてみるか。」と、不純な動機から理学療法士を調べ出したのがキッカケでした。

 

中学生の時に軽い膝の怪我をして物理療法(温めたり、電気をかける治療)を体験したことがあったこと、幸運なことにサッカー部にもう1人理学療法士を目指す仲間がおり、話しているうちに、スポーツに関わって理学療法士をしたい!患者さんに関われてリハビリできるの楽しそう!と思い本格的に某大学の理学療法学科を目指すことにしました。

 

一浪しましたが無事希望大学に入学することができました。

それからの4年間では理学療法の勉強は程々に、とにかく遊んでばかりの学生でした。今思うともう少しマジメに取り組めば良かったなと反省しています。

 

現在、私は整形外科の病院に勤務しています。スポーツで怪我をした患者さんもいますが、圧倒的に高齢者が多い病院です。

実際に理学療法士になってみて感じていることとしては、非常に難しい職業であり、挫折しそうになることも多々ありますが、やりがいはそれ以上にある!!ということです。

 

そして、何と言ってもこの職業の一番の素晴らしい点だと思っているのは「ありがとう、楽になったよ」と患者さんの生の声を直接聞くことが出来る点だと思います。

自分が考えたリハビリの内容を実践し、その場で患者さんの状態が変化し、嬉しそうな笑顔が見れて「ありがとう」って言ってもらえるこんな素晴らしい職は他には少ないんじゃないでしょうか??

 

何でよくならないんだー?何が間違っているんだー?と悩んで落ち込む時もあります。しかし、患者さんに関わってリハビリができる楽しさは毎日感じることができています。

 

この記事を書いていて初心を思い出すことも出来ました。とことん患者さんの人生に関わって一人でも多くの「ありがとう、楽になったよ」が聞ける様に日々頑張ります!!

広告を非表示にする